車検前整備(7)エンジンまわり・3

エンジンまわり最後の作業です!

プラグ交換

交換目安は10,000kmごと、20,000kmごと、と書かれているところが多いですね。

新品取付けから30,000kmほどを走らせていますがどうなんでしょう。距離による推奨交換サイクルはビジネス的な香りがしてきますが、性能維持の側面もあるので素直な気持ちになって交換します。排ガス検査にも直結しますし~

比較

これまではDENSO Q16R-U、今回はNGK BCPR5EYにしました(特に意味はなし)。

ちなみに何れも純正指定品でイリジウムとかバナジウムとかストロンチウムとかにはしていません。←リーズナブルなもので十分派

かぶったり、くすぶったりしているようには見えないので健全そうですね!一番右(たぶん4番)だけ若干、じゃっかん、黒いですが誤差範囲(としておきます)。

角が丸くなってる

そんなにギャップが広がっているようには見えませんが、中心電極の角が若干丸くなっていて、接地電極もマイルドな形状になっていますね。

終了でござい!

プラグはプラグメーカーの規定トルク25N・m(250kg・cm)で締め付けて完了です!

これにて終了!!

整備後のアイドリングの様子

おまけ

ボンネット裏のステッカーたち

昭和53年度排出ガス規制適合車標示
触媒装着車標示
エアコン取付け標示

現車は青森・八戸産で30年前の地球環境ではエアコン無しでも使用できたかもしれませんが当時のオーナーは取付ていました。

エアコンが無ければこの子を引き取ることはなかったかも。。

製造工場標示
関東自動車工業株式会社で製造

いわゆる関東自工。

AE91の場合、フレーム番号が

・前期0000001~ 後期0111538~ トヨタ自動車 高岡工場 第1組立ライン

・前期3000001~ 後期3111638~ トヨタ自動車 高岡工場 第2組立ライン

・前期5000001~ 後期5271275~ 関東自工 横須賀工場

・前期7000001~ 後期7053023~ 豊田自動織機 長草工場

・前期8000001~ 後期8026359~ ダイハツ工業 京都工場

の製造になります。

ちなみにAE92後期型の場合、フレーム番号が

・前期0000001~ 後期0160228~ トヨタ自動車 高岡工場 第1組立ライン

・前期5000001~ 後期5085436~ 関東自工 横須賀工場

・前期7000001~ 後期7058011~ 豊田自動織機 長草工場

ですね。

だから何?ってわけですが(笑)

つづく・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。