ドアミラーステー塗装

ステーがガサガサ
こっちもガサガサ

何故か左右共に塗装が剥げて下地が露出してしまっています。当時のことに詳しいディーラーマンが「こうなるんですよね~」と。理由はさておき何とかしたいところですね。

取り外したかった

取り外して塗装したかったのですがケーブルがドアの内部でコネクタ接合になっていて、ドアの内張りを剥がす面倒があるのでこのまま行うことに^^

裏のガーニッシュを外してボルト3本を緩めるとぷらんぷらんの状態になります。

マスキング

そのままマスキングします。外すのとマスキングして塗装するのはどちらが手間なのか・・・。それは、、、(笑)

反対側も

反対側もマスキングします。塗料は想像よりも飛ぶのでかなりの範囲をマスキングしないとですね。

塗装

下地処理として簡単に塗膜を剥がし#1000で荒らしておきました。あとは何度も重ねて塗るだけ。

塗装面積が小さいので2液ウレタンではもったいなく今回はホルツのラッカーです。

完了!

表面デコボコしていますがご覧の通りパッと見は良くなりました!パッと見ね^^

おまけ

以前からの雨漏り事件・・・もしかすると確信かも(笑)

ドアを開けてウェザーストリップを外したこの部分、ルーフとの接合箇所があってもしかしたらここから入り込んでいる可能性が大!

ここをコーキングして雨漏りがなければヨシです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です