ナンバー灯リフレッシュ

くもる

雨降りのあとクリアレンズの内側が曇るんですね。なので内側のパッキンだかバスケットがイカれているのは容易に想像できまして・・・

デタ!!

と思ってダメ元で注文したら・・・なんと出ましたガスケット!!

当時モノのデッドストック品ではないラベルなので今時の製造っぽいので、幅広い車種で近年まで使われている(いた)ということ!?

取り外し
新旧

古いガスケットを取りますが、劣化しているし貼りついているし最後はちぎれました。これじゃ湿気がこもるわけですな。

取り付け

型に合わせて取付け。

レンズ装着

さらにレンズを取付けて終了!

湿気よサラバ!

・・・って後日アクシデント発生!!

ナンバー灯点灯せず!!

ガスケット交換をして1週間以上・・・スモールを点けたまま車を離れたら何と点灯していない!!

その間何度か夜間に走らせているし、これは由々しき事態!

電圧がきていない・・・

レンズを外して電球の接触端子で電圧を計ったら0Vでした>_<

つまりどこかが断線していること間違いなし。。

ナンバー灯摘出

丸ごと取り外しをします。見た目は何ともなさそうだけど・・・

切れてた
あるあるですね

硬化している収縮チューブを取ったら中で断線しておりました!案の定っすね!こいつが原因!

はんだ処理

はんだで処理です。問題なかったほうも予防としてはんだ処理を実施。

処置終了!

収縮チューブで保護してさらにスパイラルチューブで処理をして処置終了!

これで当面安心です!

接点磨き

ついでに接点も磨いておきます。

青サビが出るんですよねこういうところ・・・。固くなった配線の中にも青サビが発生しているのも旧車あるある。

おっけー!

ハイおっけーです!これで安心!

灯火類は時々目視チェックをしておいたほうがいいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です