デスビ付近からのオイル漏れ

オイルで濡れてる

丸の中の部分がオイルで濡れています。何度拭いてもしばらくするとまた濡れてる。。。

ディストリビュータ取付部から

調べるとディストリビュータ取付(差し込み)部のOリングの劣化によってオイルが出てきてしまうとか・・・

ちなみにトヨタの整備書にはディストリビュータではなくIIAと書かれていて「Integrated Ignition Assembly」だそう。イグニッションも一緒だよということ?

デスビキャップ

デスビキャップを取り外してみた。端子部が白化しているので磨いておきます。

ローター

ローターも端子部が汚れていますね。中心部がすすけているのはナゾ。。

取付け角度を復元できるように

デスビの取付け位置が変わってしまうと点火時期が狂うので、取付け時に元の位置になるようにマーキングしておきます。

マーキング

こちらにもマーキング。

取り外すと中がどうなっているのか・・

取り外し

2本のボルトを外して、デスビ本体を取り外し!

あれ・・・色々とネットで調べていた形状と違うやん。

???

4AG用デスビ(拾い物画像)

「先端部がギアになっており差し込む際に歯が回ってしまって点火時期狂うよ」という脅し記事をいくつか見たのに、この作りは4AG用だけみたい。なんだ、安心した(笑)

エンジン側

で、エンジン側を見てみますと(笑)

でろでろだらだらねろねろ

社外品Oリング

純正Oリングを頼もうとしたら納期がかなり先になっていたので社外品を使用します。1ケの購入ができず10ケ入り。車屋さんじゃないのでこんなにいらないのに。。

Oリングセット

綺麗に拭いてOリングをセットします。

お約束

Oリング取付けのお約束ですね。オイルを塗布しておきます。

オイルを塗布

オイルを塗布しておきます。

エンジン側も綺麗に

エンジン側も綺麗にしておき受け入れ準備完了!

位置合わせ

デスビをそっと差し込みマーキングを頼りに位置合わせをします。

この位置がズレると点火時期が狂って面倒が増えるので慎重に。

締め付けて完了

あとは取付けるだけ!

エンジンを始動

エンジンを始動して変な回転になっていなければOK!

お手軽メンテナンスでした~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です